LOG IN

俺は絶対にできる

by しなやん(阿部俊樹)


毎週日曜日は子供たちとお風呂に入るのが恒例。

長男は僕に似てしまったせいか、水がどうも苦手なんです。少しでも克服して欲しいと、ここ最近は「今日はお顔をつけるテストだよ!」といって、ゲーム感覚で水に慣れる練習をさせています。

妹である長女も一緒に参加させているんですが、女子は思い切りが違いますね。ためらう時間はそこそこに、勢いよく水にザブーン。女は強し。

そしてここからが本番。兄貴としてカッコいいところを見せて欲しい!もちろん本人もその気はあるものの、なかなか勇気が出ないんです。

ここで親の出番、「どうしたら背中を押してあげれるか。」

大人と違って子供は良い意味で単純。その素直さを上手く活かして、僕なりに指導したことは、とにかく自分はできる、できると思い込ませること。今の弱い自分ではなく、理想とする強い自分をイメージさせる。

とにかく「できるかな〜、できるかな〜」と言いながら二の足を踏んでいたので、今からは「俺は絶対にできる!」だけ言ってみなさいと教えたんです。

そうすると不思議なことが。まだ何もできていないのにも関わらず、なんだか自信に満ち溢れた表情に変わってきたんです。そしてその後、今までが嘘かのように見事お顔を水につけることに成功!そして何より、達成したあとの雰囲気がすごく良かった。きっと自分自身でも1つの成長を感じていたんだと思います。

大人になるにつれて、何かとできなり理由を持ちだしては挑戦することをやめてしまう。そうやって自分で可能性を狭めてしまうことが、どれだけもったいないか。また、本当にやりたいことが見つかったときにその癖が出てしまったら、夢なんかすぐに消えてしまう。

兄妹二人とも全然性格が違うので、どういう風に教育すればいいかと奥さんとよく話題にしますが、反面教師にみてみると自分がこれからどうしたいか?どういう考え方を大切にしていきたいか?という要素とものすごく近いことに気が付きます。

子供たちには日常の些細なことから、少しずつでも成長のキッカケを与え続けながら、それと同時に自分自身も親として、社会人として成長していきたい。

やはり、“教えること”は“教えられること”だ。


しなやん(阿部俊樹)
OTHER SNAPS