LOG IN

家族の平和を守るルーティン

by しなやん(阿部俊樹)

少し前から取り組んできて、成果を感じてきていること。それは、一日の流れを出来る限り習慣化することです。いわゆるルーティン。

人が一日で意思決定できる数が決まっている説がありますが、思い当たる節がすごくあるので信じる派です。1日は24時間しかないし、自分の体は一つだけ。重要な事にしっかり神経を集中して決定していくことが、結果的に「段取り」「効率」に繋がっていきます。

実際にいろんなパターンを試してみて思ったのは、家にいる時間の中の選択をシンプルにすればするほど、日中の仕事へ好影響を与えるということ。

例えば朝の時間。なんとなくいつもの通りでも、実はすごく選択に時間と頭を取られています。何から準備するか?何を食べるか?何を着るか?他にすごく危険だなと思ったのは、朝のテレビやネットニュース。特に興味が無いものでも目にすることで、好き・嫌い・面白い・つまらないなど思考しているんです。情報と選択で、実は頭の中はグッタリしてるかも。

であれば思い切ってフォーマット化してしまう。起きる時間も固定、起きてからの流れも固定、朝食のバリエーション、着る服もできるだけパターンを少なくする。テレビは付けず、その分の時間は読書に充てるなど。これだけでも頭がかなりスッキリするようになりました。

子供でも実験してみたんですが、効果てきめん。朝起きてから家を出るまでにすることは決まっています。彼らの思うままにさせていると大体時間が無くなる、親に怒られる、お尻を叩かれながらバタバタ登校というお決まりパターンでした。それを、予め起きてからの流れを完全固定しました。例外を無くすことで動きがシンプルになり、できることも増え、今では自由な時間も取れるようになってきました。何よりママの怒号が飛ばない朝は平和です笑

一説では、人は一日に9,000回もの選択を繰り返しているそうです。本当にやらなければいけないことを先送りにして、楽な方向への誘惑に負けてしまうことがありますが、本来すべき選択ができないほど燃料不足になっているのかもしれません。

1日寝ただけではパワーが復活するとは思えないので、自分の人生という長いスパンの中で燃費を上げていきたいですね。

LINE it!

しなやん(阿部俊樹)
OTHER SNAPS