LOG IN

人間の寿命というのはね、あなたが使える時間のこと。

by しなやん(阿部俊樹)

ブログをご覧いただきありがとうございます!三重県四日市市上海老町で、顔と想いが見えるきゅうり農園“しなやかファーム”を開業予定の阿部です。

スーツスタイルと軽トラ、そろそろ見慣れてきましたでしょうか(^^) 僕は逆にしっくりきすぎて、今や何が普通か普通じゃないのかが分かりません!笑

そして今日のブログは僕が「こんな親父になりたい!」と尊敬する炎のレンガ職人 亀蔦太佳揮パイセンのブログに感化されて、以前書いた記事をリライトしました!

この世に絶対があるとしたら、人はいつか必ず死ぬということ。

人間誰しもいずれは命を失うわけですが、どれだけ我が事として考えているでしょうか。僕自身、そんなことはおじいちゃんになってから意識すること・・・、程度の認識でした。いま思えば、なんて心の無い考え方だったのかと反省しています。なぜなら、いつ人生の終わりが来るのかなんて分からないからです。

今日という1日、今という一瞬を大切に。

日々を過ごす中で意識していることがあります。それは「有り難い」ということ。この世界で自分が生きていること、日々目にしていること、起こる出来事は決して「あたりまえではない」ということです。

例えば、朝になったらベッドから起き上がれること。これはあたりまえでしょうか?もしかしたら今夜、病に侵され、一生寝たきりになるかもしれません。

家族みんなで美味しいごはんを食べれること。これはあたりまえでしょうか?もしかしたら大きな災害が起こり、みんなで食卓を囲むのは今日が最後になるかもしれません。

会社に行って仕事をすればお金がもらえること。これはあたりまえでしょうか?出勤したら会社が倒産していて、突然職を失うかもしれません。

自分は誰かのおかげで生かされている。だから感謝の気持ちを大切にしよう。

僕の実体験。すべてをあたりまえと思うのではなく、逆にあたりまえのことなんて存在しない!という考え方ができると、今まで何も考えていなかった小さなことのありがたさに気づき、大切なものをより大切にしようと思い直すことができます。ごはんを食べる前は「いただきます。」と、作ってくれた人や健康であることへの感謝の気持ちを込めて手を合わせたくなります。これってとても大事なことだと思うんです。

こんなことを言うといろんな人から無神経と怒られるかもしれませんが、僕はあまり長生きしないような気がしていて。何の根拠もないんですが、昔からそう思うんです。でも、今は「少しでも長く生きていたい」と心から思う。なぜなら僕が生きていることで、一緒に幸せを感じてくれる家族や仲間がいるからです。

落ちた葉は土に還って養分に生まれ変わります。無駄なことなんてないんだよ、と自然は教えてくれます。

長距離を自転車通勤したり、いきなりマラソンを始めたり、食べるものに気を遣ったり、断食したり・・・。一体何を目指しているの?笑 とよく言われますが、この答えは健康で長生きしたいから。自分がやりたい事ができる時間を1日でも長くして、家族や仲間を幸せにするためのキッカケを1つでも多く残したいんです。

もし自分の寿命が50歳という運命で決まっていたとしたら、今から努力して100歳まで延ばしてやります。なので結果、僕は長生きします!笑

いつまでも自分が自分らしくやりたいことができるよう、健康寿命を意識する。

ただ長生きするだけでは僕にとって意味がありません。健康寿命と言われるように、あくまで健康であることが条件。医師の日野原重明さんの言葉に深く共感します。

人間の寿命というのはね、あなたが使える時間のこと。
日野原重明

自分が何歳まで生きることができるか?は誰にも分かりませんが、少しでも長く、健康に生きるためにできることはたくさんあるはずです。

そして、自分が本当にやりたいことへの挑戦を先延ばしにせず、勇気をもって進むことです。「あと時やっておけばよかった」をいつまで言い続けるつもりなんだ!と。

あした死ぬかもよ?

読んだあとに頭を思いっきり殴られたような感覚になった一冊、「あした死ぬかもよ?」はこの一節からはじまります。

あなたが生まれたとき、あなたは泣いていて 周りの人たちは笑っていたでしょう。だから、いつかあなたが死ぬとき、あなたが笑っていて周りの人たちが泣いている。そんな人生を送りなさい。
ネイティブアメリカンの言葉

はい、かしこまりました♪

LINE it! このエントリーをはてなブックマークに追加

しなやん(阿部俊樹)
OTHER SNAPS