LOG IN

僕がトイレ掃除をやる理由

by しなやん(阿部俊樹)


毎朝必ずトイレ掃除をしています。便器のキワキワから、裏側、床、壁までしっかりと。

西武ライオンズの菊池雄星投手がまだ高校生の時、テレビのインタビューに答えていたのを見たのが始めたキッカケです。

菊池投手は誰よりも早く練習場に入ってトイレ掃除をしていました。ピッチャーは試合の勝敗を握る大きな役目を背負っています。ピンチになった際に襲いかかるプレッシャーは誰でも「嫌」なもの。しかもそのピンチは突然、そして必ずやって来ます。

一般的に誰でも「嫌」なトイレ掃除をあえて自分から進んでやることで、そういった負のプレッシャーを迎え入れ、逃げない心の強さを鍛えているんだと当時の監督が話されていました。また本人も、日々のトイレ掃除が野球への姿勢に繋がると発言されています。

たまたま見たそのインタビューにすごく感銘を受けて、これは絶対自分にも取り入れるべきだと思いました。

トイレ掃除から得られる気づきはたくさんあります。特に印象的だったのは、今のマンションに引っ越した当時から、強力な洗剤を使ったり思いっきり力を入れても、全く取れない便器の汚れがありました。それが毎日のトイレ掃除をはじめて半年後、突然キレイに取れたんです。この時は本当に感動!大きな成果は日々の継続によって得られるものだと体感しました。

最近は掃除用具やゴム手袋を使わず素手で掃除しています。え!?という感じかもしれませんが、この効果すごいですよ。便器の奥へ手を入れるときに、自分のプライドが溶けていく感じが分かるんです。

自分がまだ10代の時、世代の離れた大人たちを見て「自分はこんな頑固な大人にはならない!」と心に決めていましたが、やっぱりなっちゃったな、、と笑

何歳になっても、どんな立場にいようとも、謙虚な姿勢で誰の声にも耳を傾け、人の役に立てるような人間になる。そんな大それた理想への入り口をちょっとだけ見せてくれるトイレ掃除、おすすめです♪

LINE it!

しなやん(阿部俊樹)
OTHER SNAPS