LOG IN

『ありがとうございます』を50,000回

by しなやん(阿部俊樹)

2015年末。長野にある信濃比叡広拯院へ行き、座禅体験をしてきました。いわゆる背中をペチン!と叩かれるアレです。ちょうど自分を改めて見つめ直していた時期で、そういう空間に行ってみたいと思っていたところ、偶然参加することができました。

座禅の後に住職の方から説法をいただいたのですが、その中の言葉ですごく印象に残ったことがあり、翌日から今まで毎日実践していることがあります。それは、「私たちは宇宙の中で生かされている。日々、感謝の気持ちをもって1日を始めましょう。毎朝、『ありがとうございます』を10回声に出しましょう。」

誰かに何かをいただいたり、助けていただいたり。普段から「ありがとう」を発する機会はありますが、何もないフラットな状態で言うことが何だか新鮮で。でも確かに、当たり前のようにやってくる今日は当たり前じゃないと思うと、感謝の気持ちを持つことはとても大切だと思ったのです。その内容を家族に伝え、「ありがとうございます」の唱和がスタートしました。

習慣というのはすごいですね。最初は続くか心配でしたが、もうすぐ1年になる今では、言わないとすごく気持ち悪いです。そして先日から回数を10回から100回に!これは累計50,000回言うと奇跡が起こるという話を聞いたからです。例えばガンが完治したり、足の不自由な方が歩けるようになったり。これはペースアップせねばと、キリの良い100回言うことにしました。家族全員で唱えているシーンはなんかすごいです笑

阿部家でもありがとう効果はたくさん起こっていますが、自分が一番の効果として感じているのは、本当に小さなことにも感謝できるようになったことです。例えばすごく嫌なことや苦しいことがあった時に、前向きに捉えようと頭では分かっていても腹には落とせない、、。そんなことが無くなりました。目の前に現れる物事すべてに感謝することができれば無敵です。誰も傷付けません。

ちなみに「不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句」を言うと累積された「ありがとう」の回数がリセットしまうそうで、言ってしまっても10秒以内の「いまのは間違いです!」でセーフ。これを利用して、子供たちがケンカしたときや態度が悪いときには『ありがとうが無くなるよ!』ですぐ仲直り。毎日100回が無くなるは子供心にも避けたいようです笑

喜べば、喜びごとが喜んで、喜び集めて喜びに来る

感謝するところには、感謝したくなるような事がやってくるのかもしれません。良い事が起きてから『ありがとう』ではなく、良くも悪くも今に『ありがとう』ですね。

LINE it!

しなやん(阿部俊樹)
OTHER SNAPS