LOG IN

10年後のキャリアデザインをどう描くか

by しなやん(阿部俊樹)

30代半ばになって、同世代の方が管理職になっていたり、独立されたりするケースをよく見かけるようになった気がします。いつまでも若手な気持ちが抜けないけど、言うてももう35歳。ええ大人ですね。 

25歳で結婚したこともあって、比較的早めにいろんな事を考える機会を与えてもらいました。ほとんどが若気の至りで、今思えば・・・みたいなことだらけですが、子育て、お金、家、仕事への責任感など、1人の時には考えることが無かったことが、今の自分にとって大切なベースになっています。

いま頭の中にあることは、この先のビジョンをどう描いておくか?僕の世代では、そもそも安定という言葉は存在しないし、誰かが何かを用意してくれるなんて考えは通用しません。働き方ももっと多様化してくる。そうなると、自身はもちろん家族の将来像を明確にし、それに向けて逆算した行動をしていく必要があります。

まずはどこをゴールにするのか。そのためにはいつまでにどんなことをしておかなければならないのか、どんな問題が発生する可能性があるのか。自分一人だけならまだしも、子供たち、夫婦それぞれの親兄弟、もちろん仕事も含めて考えるとなかなかのスケール感ですが、まだ勢いで行動できる今のうちに決めておくことで、物も心も準備できるし軌道修正もできます。そもそも時間が経つのがあっという間すぎて、ボーッとなんてできない!

目の前の道が凸凹だって、道に迷ったって、目的地さえ明確であれば前に向かって走り続ける自信がある。10年経ったら45歳、長男は18歳か、、。この10年大事だ。

LINE it! このエントリーをはてなブックマークに追加

しなやん(阿部俊樹)
OTHER SNAPS