LOG IN

子供たちの新生活がスタートした今、親として意識したい子育て四訓。

by しなやん(阿部俊樹)

ブログをご覧いただきありがとうございます!三重県四日市市上海老町で、顔と想いが見えるきゅうり農園“しなやかファーム”を開業するために修行中の阿部です♪

昨日から子供たちは新しい小学校での新生活がスタート!大人はあらゆる世界を見ることができるのでついつい軽く考えがちですが、子供たちにとっては家と学校の往復の中が社会のすべてになりがち。

だからこそ「親主観じゃなく子供の目線は忘れちゃいけないよ!」と奥さんはいつも言ってくれるのでありがたいです。特に今回は田舎なので余計に世界が狭いですし(^^)

僕の新生活での発見はローカル鉄道が素敵なこと。通路の狭さも、のんびり・ぽつーんな雰囲気も愛らしい。路線が分からず間違えて乗車しちゃうのがたまにキズ(^^)
僕の新生活での発見はローカル鉄道が素敵なこと。通路の狭さも、のんびり・ぽつーんな雰囲気も愛らしい。路線が分からず間違えて乗車しちゃうのがたまにキズ(^^)

少年は手を離せ、目を離すな。

子育て四訓という有名な四か条をご存ですか??中学校長や市教委の委員長などを歴任された緒方甫さんが、長年の教育経験を基にまとめたもの。

乳児はしっかり 肌を離すな
幼児は肌を離せ 手を離すな
少年は手を離せ 目を離すな
青年は目を離せ 心を離すな
子育て四訓「緒方甫さん」

子供たちが新たに通う小学校は僕の母校。名古屋の頃は転勤族の家庭がすごく多くて、転校・転入はよくありましたが、田舎となるとかなり珍しいケースです。転校はあっても転入はなかなかないので、きっと周りのお友だちからは大注目されていることでしょう・・・。それに加えて初めての転校で緊張している子供たちをみていると、親のこっちまで緊張してしまって。

登校初日に「いってらっしゃい!」をした後、心配そうな表情でちょこんと座るミミ。奥さんの足の上へ(^^)
登校初日に「いってらっしゃい!」をした後、心配そうな表情でちょこんと座るミミ。奥さんの足の上へ(^^)

ついつい余計なお世話をしてしまいそうになりますが、ここで子育て四訓。「少年は手を離せ、目を離すな。」

きっとこれは彼らにとっても成長する大チャンス。環境の変化をマイナスに捉えるのではなく、別の世界を広げるキッカケにして欲しい。だから心配するより、経過を離れて見守ってあげること。1人で考え、行動できる年齢ですしね。初日が終わって元気に明るく帰ってきた彼らを見て、よりそういう風に感じました。

スーツスタイルなのに軽トラに乗っちゃう。このギャップにちょっとハマりそうです♪
スーツスタイルなのに軽トラに乗っちゃう。このギャップにちょっとハマりそうです♪

子供の成長スピードに負けず、親としてそれ以上に成長し続けていきたい。

子供の成長や順応性はすごいなーーーと思いますが、同時に「負けていられない!」と。自分の言動や行動を真似されたりすると「やっぱり見られてるぞ!」と思うんです。だからこそ自分の背中は堂々としっかり見せて、彼らの何歩も先を常に歩いていたい。

新しいチャレンジが始まるのは僕だって同じ。子供たちは子供たちでがんばれ!!親父は親父で目指したいゴールに向けてガンガン進んでいくぞーーー!!!


しなやん(阿部俊樹)
OTHER SNAPS