LOG IN

わいざん公式オンラインサロン、僕の視点。

by 百姓しなやん(阿部俊樹)

いま僕の中でものすごく熱いコミュニティがあります。それは友人であり沢山の気付きを与えてくれるDJわいざん(@yzan_travel)が始めたオンラインサロン。わいざんから質の高い発信がされていて刺激満載です。ほんとヤバイ。

サロンがスタートしたのはわいざんのこのブログから。

リード文やブログタイトルにはオンラインサロンの事は書かず、ブログを最後まで読まないと入り口が出てこない仕掛け。わいざんが好きで、且つ主体性を持った初期メンバーが集まったのはこの演出があったからですね。

先日リニューアルした yzan.jp のヘッダー画像。いつ見ても胡散臭い!!!笑
先日リニューアルした yzan.jp のヘッダー画像。いつ見ても胡散臭い!!!笑

僕はオンラインサロンの運営チームに入っています。

僕はこの #わいざんオンラインサロン の立ち上げから運営側の人間として関わっているんです。もちろん、わいざんに魅力を感じている参加者の1人としてお金を払って通常通り入会もしています。

なので僕は、このオンラインサロンをもっと価値あるものにするための裏方でもあり、わいざんの発信から学ぶ1人でもあるんです。

オンラインサロンの運営メンバーは現在3名体制。育て上げた会社を手放して海外への挑戦を宣言したくっすん(@hunfooli)、僕、わいざん本人。そしてオブザーバーとしてわいざんの相棒ぽこみち(@pokomichi_apple)がいます。

わいざんから飛んでくる課題や質問、アイデアにそれぞれが意見していくんですが、これが超刺激的で面白い。ハイクラスな人の頭の中はこんな感じなのかーーーと、とにかく感化でしかありません。

2018.1.26 伝説となった広島 #DJわいざんクアトロ にて。わいざんはこの日も舌好調でした!
2018.1.26 伝説となった広島 #DJわいざんクアトロ にて。わいざんはこの日も舌好調でした!

運営に関わることになったのは「今度は僕がわいざんの力になる番だ。」と思ったから。

運営チームが組まれることになったのはわいざん、くっすん、僕の三人での会話がキッカケでした。

わいざんから「オンラインサロンをやる。こんな未来を見てる。」という話を聞いたとき、シンプルにこれは1人でやるのは大変なんじゃないかと思ったんです。

もちろん彼1人であったとしても実行すること自体には何の問題もないと思いますが、求める高い質とスピード感をより確実なものにしてあげたいと。

わいざん無しでは成功できなかった #しなやかフェス 2017があり、その後も継続的に助言をくれる彼に対して「僕でも力になれる事があるはず」と確信していて。かなりの勢いでわいざんを追いかけてますし(^^)

2017.10.21 のしなやかフェスにて。わいざんは司会・DJ・総合プロデュースを担当してくれました。
2017.10.21 のしなやかフェスにて。わいざんは司会・DJ・総合プロデュースを担当してくれました。

そこで提案してみたんです。「手伝うよ」って。その後、わいざんが快諾してくれたと共に、同じタイミングでくっすんもメンバーに加わることになりました。

リアルとSNSの境界線が無くなってきている。

僕は2016年12月よりSNSを強く意識し、その後Twitterを中心に自分を発信し続けてきました。結果たくさんの人から応援してもらえるようになったし、農業というジャンルを飛び越えて好きな事ができるようになりました。

でも思うんです。これは気を抜くとあっという間に時代に流されるなって。

僕はリアルでの体験とSNS上での体験との境界線がほぼ無くなってきたと思っています。どちらが良い悪いという判断ではなくもう認識レベルにおいてほぼ同じなんじゃないかという。

だからどちらか一方だけではなく両側を併せ持つことで今まで考えもつかなかったような事が実現できてくるわけです。それもこれまで体験したことのないくらいハイスピードで。

僕が講演会を開くようになったキッカケもわいざんの一言から。
僕が講演会を開くようになったキッカケもわいざんの一言から。

激動のSNS時代を歩くヒントがここにある

きっとこのブログを読んでくれているほとんどの人は何かしらのSNSを活用されていると思いますが、いまや情報インフラとなったSNSがこれからどうなっていくのか。そしてどう捉えてどう使っていけばいいのか。立ち止まって考えたことがある方は多いと思います。

キングコング西野さんが開発したレターポットのように「お金」の概念さえも生まれ変わろうとしているこの現代では、ただ流れてくる情報だけを鵜呑みにしていても偏見が頭の中を支配してしまって身動きが取れなくなってしまいます。

特に影響力が高い人からの発信=正解であると錯覚してしまいがちなので、この辺りは僕もかなり引いて見ているのが事実。大切なのは常に本質です。

例えばこの「コミュニティ」1つでもいろんな考え方があります。

僕は基本的に囲い込みや圧力がかかったり誰かを批判するような集団には価値を感じないので入りませんが、わいざんが考えるコミュニティに対しての価値観にはめちゃくちゃ共感しました。このブログ、ぜひ読んでみてください。

自分が何者で何を考え何をしているのかを発信する。誰が何を考え何をしているのかを受信する。そして自分という存在を世の中にぶつけ続けることで共感者が生まれ、世界のリアルを感じることができ、やりたい事を実現するための道が開けてきます。ここまでを自分次第で完結できてしまうのがSNS。

そのためには、SNSをただの広告や発信ツールとしてではなく、もっと本質的なところで捉えることが大切。わいざんの発信や行動を基に、サロン内ではかなり具体的な術や気付きを学ぶことができるんです。

2018.1.26 #くっすんわいざんトークライブ
2018.1.26 #くっすんわいざんトークライブ

“わいざん”こと横山文洋は加速装置だ。

わいざん公式オンラインサロンがスタートしてから、サロンメンバーが次々と殻を破りはじめました。この驚くほどの変化とわいざんの影響力を目の当たりにして僕もかなり感化されています。さすがの初期メンバー、吸収力とスピード感が半端ない。

いま時代が大きく動いています。

勇気を出して一歩を踏み出した人には強烈な追い風が背中を押してくれる。

やりたい事がすでに決まっている人、いま探している人。どちらが良い悪いではなく総じて言えることは、行動し始めるなら今この瞬間がベストだということです。

わいざんの価値観に共感して参加しているメンバーが作り出す空気感ははとにかく優しくて、時に熱い。僕もまだまだこれからたくさんの人と切磋琢磨しながら、もっともっと成長を加速させていきます。

わいざんオンラインサロン。気になった方はぜひ仲間に入って一緒にステップアップしましょう♪

…というわけで、ここまでオンラインサロンを推しておきながら今は入れません!(^^) 

毎回募集はわいざんのLINE@で先行告知されるので、次こそは!!と思った方はぜひ登録してくださいね。

ではでは( ^ω^ )♪

しなやんの活動

レターポット

Twitter

Facebook 

Facebookページ(しなやかファーム)

しなやかチーム

Instagram

LINE@


百姓しなやん(阿部俊樹)
OTHER SNAPS